周産期医療関係の方へ   法人の方へ   ドゥーラになりたい方へ   マスコミ関係の方へ  
  詳しくはコチラ  

 
社名 株式会社 ジャパンベビーシッターサービス
設立 1971年8月
1991年6月 株式会社に組織変更
資本金 1,600万円
年商 1.26億円(2011年度)
役員 代表取締役社長 堂園光則
ベビーシッター数 約200人(2017年4月現在)
所在地 本社 練馬区大泉学園町7-19-16
事務所 渋谷区千駄ヶ谷3-3-16秀和神宮レジデンス506号室
研修室 同レジデンス505号室
TEL 03-3423-1251(代表)
FAX 03-3423-6738
E-MAIL info@jbs-mom.co.jp
ホームページ http://www.jbs-mom.co.jp
取引銀行 三井住友銀行
業務目的 各家庭の育児方針を尊重し、家庭における育児機能を補完する。
また、上記のために専門従事者であるベビーシッターを養成する。
業務内容 顧客の家庭における保育請負事業
キッズルーム、イベント、企画内保育所などにおける保育請負業務

沿革
1971年08月 日本で最初のベビーシッター会社として、有限会社ジャパンベビーシッターサービスを大泉学園町(本社所在地)に設立。
1971年12月 労働省より有料職業紹介所の許可が下りる。
1972年01月 ベビーシッターの紹介事業を開始。
1972年 NHKラジオ番組「朝のロータリー」、同TV番組「スタジオ102」に紹介される。
朝日、読売、毎日等の新聞、「主婦の友」、「ミセス」等の雑誌に掲載される。
1981年 事務所を原宿に移転し、研修所を設置。
1982年 日本赤十字社の協力により「事故と応急手当て」の講座を開催。
1989年 全国ベビーシッター協会会長に、当社前取締役 野木貞子が就任。
同協会は、1991年6月に厚生省より社団法人の許可が下りる。
1990年04月 産後期母子ケアサービス開始。
1990年 顧客1000名を対象に利用実態調査。
1991年10月 アメリカのポーテージプログラム(障害児のための早期療育プログラム)を導入、日本ポーテージ協会による「初級指導者セミナー」を当社ベビーシッターを対象に行う。
1991年11月 イギリスのナニー養成校、ノーランドナーサリートレーニングカレッジ学長、デービス先生の初訪日の際、日本のベビーシッターの実状視察に協力、(社)全国ベビーシッター協力会員などを対象とした「デービス先生を囲む会」を主催。
1992年04月 業態を請負業に転じる。
1992年 通産省(現経済産業省)「ニューサービスコンプレックス発展調査研究委員会」にベビーシッター業を代表し、委員として参加。
1992年04月 障害のあるお子様対象コース開始。
1993年 創立者社長 堂園三恵を取締役会長に、菊池悦子を取締役社長に就任。
1994年 淑徳文化専門学校の依頼により、専攻科学生のベビーシッター(在宅保育)研修及び実習を受託する。
1996年 JBS全顧客サービス調査を実施し、調査結果を報告書として作成、発表する。
1997年 大乗淑徳学園エクステンションセンターにおける「ベビーシッター養成講座(全8回)」を企画・実施する。
1998年 リクルート社が企画するCSデジタル放送「学びチャンネル」にて「ベビーシッター養成講座(全10回)」を企画・実施する。(1999年1月〜同8月までオンエア)
1999年 通産省(現経済産業省)より「家事支援サービス事業の調査研究委員会」の委員を委嘱され、ベビーシッター事業者を代表して意見を述べる(〜2000年)
2000年10月 菊池社長退任。堂園光則が取締役社長に就任。
2005年 産後期母子ケアサービスを見直し、産前産後母子ケアとしてサービス開始。
 
 
ページ先頭へ
 
   
  ドゥーラって何?どうしてドゥーラが必要なの?ドゥーラは何をしてくれるの?
ご利用料金お申し込みお問い合わせ会社概要リンク